民事再生法と個人再生の解説サイト

債務整理の制度を利用する前に

債務整理は多額の債務を抱えた際に、それら債務に対して支払い能力がないという場合に利用する制度です。
債務整理には自己破産をはじめとし、任意整理や特定調停、民事再生などがあります。
これらの債務整理制度を利用して借金を帳消しにするというものです。

ですが、すべての債務の返済が免除されるわけではありません。
自己破産以外は、債務の金額を支払える程度まで圧縮するというものです。
そのため、自己破産以外の債務整理を利用する場合は、債務が減額されるということを認識しておきましょう。
このように債務整理とは多重債務者の救済措置ですが、すべての債務を消させることは自己破産以外では不可能です。

そんな債務整理の中の一つ、民事再生は主に会社が利用する制度ですが、昨今はこの民事再生を個人でも利用することが可能となりました。
それが「個人再生」です。
個人再生と民事再生の違いや条件はどのようなものでしょうか。
では、個人再生について学んでみましょう。